須貝ビル地下劇場

須貝ビル地下劇場

チラシや切り抜きの整理をしていたら映画のタイムテーブル、須貝ビル地下劇場のシネマフリークと蠍座の蠍座通信が出てきた。懐かしい。ただのタイムテーブルではなく、田中次郎さんの文章が楽しみだった。札幌を出るとき、蠍座は行っておきたくて、最後に観たのはリンチ監督『マルホランド・ドライブ』だった。

幼い頃から映画は好きだったが、自分の小遣いで観に行くようになったのは高校生のときで、一本600円の名画座に行っていた。案内図を見ると思い出す。初めて入ったのはシネマミレだったとか、『七人の侍』はシネマアポロンだったとか。

何年か書いていないが上映作品からすると93年位のシネマリドで『ベニスに死す』『天井棧敷の人々』を700円でやっていた。それぞれ980円500円でDVDが買える時代になるなんて誰も思わなかったはずだ。マルグリット・デュラス監督『愛人』も観たな。テレビでやったとき水野晴郎が「めくるめくエロティシズム」と云っていたが、カットされまくりで、どこがめくるめくエロティシズムだよと思った。

《関連記事》
札幌の名画座、蠍座が昨日閉館したことを今朝知った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。