「 2013年03月 」一覧

『メリエスの素晴らしき映画魔術』 二十年がかりで修復された百十年前のカラー映画

『メリエスの素晴らしき映画魔術』 二十年がかりで修復された百十年前のカラー映画

以前から興味あった19世紀末と最近凝っている20世紀をつなぐものがありそうで『メリエスの素晴らしき映画魔術』を見たのだが、話が21世紀まで飛ぶとは予想外だった。ほぼ映画関係...

記事を読む

モダン・ロボット

モダン・ロボット

一時期、ロボットについて色々書いていた。フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』を気に入り、ジャズ・エイジの諸々に凝り、レビューばやりから日本の昭和モダンへと飛んで、そ...

記事を読む

『浅草紅団』 川端康成 1930年の都市文学

『浅草紅団』 川端康成 1930年の都市文学

『浅草紅団』(川端康成)には1930年頃の不良少女不良少年、浮浪者や演芸、風俗が描かれている。新潮1999年6月号に取材ノートの一部が載っている。見開きの右側に新聞記事のスクラップ...

記事を読む

フィッツジェラルドの短篇に見られるゴシック

フィッツジェラルドの短篇に見られるゴシック

フィッツジェラルドのミステリ風、ファンタジー風の短篇が収録された『ベンジャミン・バトン』(角川文庫)の中の一篇に「異邦人」(1930)がある。 解説には「フィッツジェラルドと妻ゼル...

記事を読む

夜会、帰りは車で

夜会、帰りは車で

”The Great Gatsby”の表紙を色々見ていると、この絵も時々見かける。これも見覚えあるが車の色が違うなと思った。ジョルジュ・バルビエの作品であることをたまたま知った。 ...

記事を読む

20年代パリのモダーンな人々の絵

20年代パリのモダーンな人々の絵

記事「『華麗なるギャツビー』にも出てきた1920年代ダンディズムな絵 ライエンデッカー(レインデッカー)」に「”The Great Gatsby”のペーパーバックの表紙の絵について...

記事を読む