「 2010年07月 」一覧

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン 創元ライブラリ

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン 創元ライブラリ

『未來のイヴ』(ヴィリエ・ド・リラダン 創元ライブラリ)を読んだ。エワルド卿とエディソン、エワルド卿とハダリーの対話に緊張感がある。アリシア・クラリーの図々しさ、エディソン...

記事を読む

蚤の市の古本屋

蚤の市の古本屋

クリニャンクールの蚤の市の中に古本屋がある。『パリノルール』には15万冊もの古本、古雑誌、600㎡もある広い本屋、一日すごしてしまうほど魅力的と書いてある。その場所に向かう...

記事を読む

『紅の豚』 ジブリファンじゃないがこれには泣かされた

『紅の豚』 ジブリファンじゃないがこれには泣かされた

私は熱烈なアンチ・ジブリというほどではないが、期待していた『もののけ姫』が説教臭くてがっかりしてから、「ジブリファン」なるものに対して、へーよかったねーという醒めた感じだ。...

記事を読む

モローが絵の先生

モローが絵の先生

ギュスターヴ・モローも映画も好きなのだが、こんなつながりがあるとは知らなかった。すごい、びっくり。以下は『フランス映画史の誘惑』(中条省平  集英社新書)より引用。  ジ...

記事を読む

ギュスターヴ・モロー美術館へ行ったときの話 デジャ・ヴュの反対は

ギュスターヴ・モロー美術館へ行ったときの話 デジャ・ヴュの反対は

ギュスターヴ・モロー美術館で「妖精とグリフィン」を見て、なんと美しい肌色であることよ、と思った。 これは見たことのない絵だと思った。だが、入り口の売店で図録を見ていて...

記事を読む