「 フランス 」一覧

仏蘭西からくり

仏蘭西からくり

仏蘭西、『未來のイヴ』、人形趣味、機械趣味と云えばパリには人形博物館、パリ工芸博物館があるわけだが、それらとはあまり関係ない三十年前の映画雑誌にこのような記述を見つけた。さ...

記事を読む

『死都ブリュージュ』ローデンバック 死別した妻そっくりの女と出会った男の心理と行動は・・・

『死都ブリュージュ』ローデンバック 死別した妻そっくりの女と出会った男の心理と行動は・・・

『死都ブリュージュ』(ローデンバック 1892 岩波文庫)を読んだ。重版のときに、予備知識はなかったが表紙の絵とあらすじに惹かれて買ってあった。上の画像の人物は著者であって...

記事を読む

ルドンの奇妙な

ルドンの奇妙な

ルドンの絵がCGで動く映像があるのをふと思い出し、私はDVDを持っているが動画を探してみた。それはなかったのだが、面白いものを見つけた。ガイ・マディンの作品だった。その手があったか...

記事を読む

『血とバラ』 耽美で切ない女吸血鬼譚

『血とバラ』 耽美で切ない女吸血鬼譚

『血とバラ』(ロジェ・ヴァディム監督 1960)を見た、というよりは見てみたと云った方がいい。字幕がないのできちんと把握はしていない。YouTubeの細切れの動画で見た。何...

記事を読む

『コラルの探検』 熊が歌うフランスの人形アニメ

『コラルの探検』 熊が歌うフランスの人形アニメ

本当は借りた本を読まなければならないのにネットをうろうろしていたら、見覚えのあるものを見つけた。私が好きで真剣に見ていたわけではないのだが、ちらっと目にしたことがある『コラ...

記事を読む

『若草の萌えるころ』 トレンチコート少女の生と死をめぐる夜の彷徨

『若草の萌えるころ』 トレンチコート少女の生と死をめぐる夜の彷徨

ロベール・アンリコ監督『若草の萌えるころ』(1968)を見た。同監督の『冒険者たち』の記事で「男ってバカだなあ」と書いたが、この映画もそうだった。リコウな奴なんか面白くない...

記事を読む

『邪淫の館 獣人』 ヴァレリアン・ボロヴツィク監督の獣姦映画 

『邪淫の館 獣人』 ヴァレリアン・ボロヴツィク監督の獣姦映画 

ヴァレリアン・ボロヴツィク監督の『愛の島ゴトー』(1968)は人物の情念が強烈に描かれた傑作だと思う。一度見ただけで気に入った。 同監督の『邪淫の館 獣人』(1975...

記事を読む

『もう森へなんか行かない』 エドゥアール・デュジャルダン ロマンチックな愚か者

『もう森へなんか行かない』 エドゥアール・デュジャルダン ロマンチックな愚か者

『もう森へなんか行かない』(エドゥアール・デュジャルダン 都市出版社)を再読した。この小説は一気に読みたい。私は読むのが遅い方だが、これはそれほど長くないので一気に読める。...

記事を読む

『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』 ジェス・フランコ

『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』 ジェス・フランコ

ジェス・フランコ監督『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』を見た。フランコ監督の映画は他に『ヴァンピロス・レスボス』しか見ていないが、両方黒髪の美人吸血鬼が出てきて、雰囲...

記事を読む