「 イギリス 」一覧

『ブライド』 フランケンシュタインの人造人間が美女だったら

『ブライド』 フランケンシュタインの人造人間が美女だったら

『ブライド』(フランク・ロッダム監督)は怪奇映画リメイクの1985年の映画、フランケンシュタインが美女の人造人間を造る話というので、どんなB級映画かと思ったら、予想以上に本...

記事を読む

フランケンシュタイン列伝

フランケンシュタイン列伝

私はアンドロイドやロボットものから自動人形まで好きで、過去に何度も書いているが、それとつながりのあるジャンルにフランケンシュタインものがある。信念をもって真理を探究する姿は...

記事を読む

『艶容萬年若衆』 三上於菟吉 和製ドリアン・グレイの肖像

『艶容萬年若衆』 三上於菟吉 和製ドリアン・グレイの肖像

『艶容萬年若衆』(三上於菟吉)は、『ドリアン・グレイの肖像』(オスカー・ワイルド)を元禄の怪異談に翻案したものだ。いつの作品か、はっきりは分からないが、収録されている現代大...

記事を読む

『フォカス氏』 ジャン・ロラン 世紀末の頽廃と悪徳のごった煮

『フォカス氏』 ジャン・ロラン 世紀末の頽廃と悪徳のごった煮

『フォカス氏』(ジャン・ロラン 月刊ペン社)は厚い本ではないが小さな字の二段組で、読み終えるのに時間がかかった。 澁澤龍彦によれば、ジャン・ロランは世紀末の頽廃と悪徳...

記事を読む

『カルパチアの城』 ジュール・ヴェルヌ 死んだはずの歌姫の声の正体は?

『カルパチアの城』 ジュール・ヴェルヌ 死んだはずの歌姫の声の正体は?

吸血鬼伝説の残るトランシルヴァニアのカルパチア山中の古城が舞台の『カルパチアの城』(ジュール・ヴェルヌ 1892)の三年後に『吸血鬼ドラキュラ』(ブラム・ストーカー)が出版...

記事を読む

『十二夜』 生き別れになった双子の妹が男装したら兄そっくり

『十二夜』 生き別れになった双子の妹が男装したら兄そっくり

十二夜とは、12月25日から12日目、一連のクリスマス祝いの最終日にあたる1月6日の顕現祭のことで、キリスト教国では古くからの陽気なお祭り騒ぎだそうだ。シェイクスピアの戯曲の映...

記事を読む

『ファントム』 スーザン・ケイ オペラ座の怪人の誕生から死まで

『ファントム』 スーザン・ケイ オペラ座の怪人の誕生から死まで

私は「"LE FANTôME DE L'OPÉRA" には想像力が必要」と書いた。これを過剰なまでに実践したのが『ファントム』(スーザン・ケイ 扶桑社文庫)だ。やっているこ...

記事を読む

ケン・ラッセル監督死去

ケン・ラッセル監督死去

ケン・ラッセル監督が11月27日午後、亡くなった。享年84歳。 ご冥福をお祈りします。 《関連記事》 とうとう見つけた ケン・ラッセル演出のオペラ『ファウスト』...

記事を読む

怒りの『オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン』 字幕手抜き

怒りの『オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン』 字幕手抜き

引用元:TOWER RECORDS ONLINE 『オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン』を観た。映像と音楽は素晴らしい。もはやミュージカルではなくオペラと云っても過言で...

記事を読む

オペラ座組曲

オペラ座組曲

何故か私の中ではかつてない『オペラ座の怪人』ブームが続いている。やはりこの音楽好きだ。ヘッドフォンで大音量で聴くとゾクゾクする。 《追...

記事を読む