「 本 」一覧

『オスカー・ワイルド』(1997) 真面目か頽廃か ワイルドの伝記映画

『オスカー・ワイルド』(1997) 真面目か頽廃か ワイルドの伝記映画

ブライアン・ギルバート監督『オスカー・ワイルド』(1997)を見た。ワイルド役は私の好きな映画『ピーターズ・フレンズ』のピーター役スティーブン・フライ、愛人ボジー役はジュー...

記事を読む

『もう森へなんか行かない』 エドゥアール・デュジャルダン ロマンチックな愚か者

『もう森へなんか行かない』 エドゥアール・デュジャルダン ロマンチックな愚か者

『もう森へなんか行かない』(エドゥアール・デュジャルダン 都市出版社)を再読した。この小説は一気に読みたい。私は読むのが遅い方だが、これはそれほど長くないので一気に読める。...

記事を読む

美術手帖を切る

美術手帖を切る

本が増えてくる。 京極夏彦が本をどのように分類しているのかをインタビューで聞かれ、判型でと答えていた。私の本の量など、本当に多い人に比べればたいしたことはないが、大き...

記事を読む

 ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』  神々も英雄もままならぬ

 ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』 神々も英雄もままならぬ

『ニーベルンゲンの指環』(リヒャルト・ワーグナー作 アーサー・ラッカム絵 新書館)四巻セットには挿絵が多い。ラッカムの絵は曲線が綺麗だ。「ラインの黄金」のみ寺山修司訳で、こ...

記事を読む

青白き裸女群像・他

青白き裸女群像・他

自由が丘に来ている。ガイドを見るとどんなおしゃれな街かと思ったが、駅前は大塚と変わらないし、路地に入ると江古田と変わらないごちゃごちゃした普通の街だ。 少し前に気にな...

記事を読む

日本幻想文学誌コンプリ

日本幻想文学誌コンプリ

最近集め始めた幻想文学(幻想文学出版局)の特集・日本幻想文学誌が昨日揃った。素早かった。最後の一冊は通販ではないがネットで検索して神保町に買いに行った。 本についての...

記事を読む

『カンターヴィル・ゴースト』 オスカー・ワイルドの幽霊物語の映像化

『カンターヴィル・ゴースト』 オスカー・ワイルドの幽霊物語の映像化

ビデオでは『カンターヴィル・ゴースト』だが、かなり前にテレビで流れたときは『カンタヴィル家の亡霊』だった。私は子供の頃、これをビデオに録ったものを何度も見ていて、また見てみ...

記事を読む

ホフマンと乱歩 

ホフマンと乱歩 

数年前に『百年の誤読』(岡野宏文、豊崎由美 ぴあ)を読んだときに、江戸川乱歩の「押絵と旅する男」(1929)について気になる部分をメモしてあった。「信用できない語り手、人形...

記事を読む

澁澤龍彦 カマクラノ日々

澁澤龍彦 カマクラノ日々

鎌倉文学館の澁澤展を見てきた。展示スペースは少ないが、入場料は400円で、1000円の図録が素晴らしい。ほとんどの写真や自筆原稿や創作ノートが載っていて、解説や年表も載っている。パ...

記事を読む

本のリサイクル

本のリサイクル

中野区の中央図書館では月はじめの開館日に本のリサイクルをやっている。開館前から行列が出来ていて、よっぽど暇なんだねーと思うが私もよく行く。滅多にないが、時々買ってでも欲しい本がポコ...

記事を読む