今のモーニング娘。がこんな風になっているとは知らなかった 数日前までは

モーニング娘。は顔と名前が一致する人が一人もいない状態だった。数日前までは。たまたま下の動画を見て、こんなにかわいくてキレのある動きをする人間がこの世に実在するのかと目を疑った。しかも今の時代にカラコン・アイではない。何故今までノーマークだったんだろう。

全員生歌で踊って、中にはもの凄く歌が上手くてキレのあるダンスをする美女もいるのは宝塚歌劇団もそうなので、他に全然例がないわけではないが、また別ジャンルだ。

男が女のどこを見るかについて、十代は顔、二十代は胸、三十代は尻という説がある。もうそんなの超越してトータル、キレのある動きができる体力があるということは生命力が強いということだ。いいねー、モーニング娘。’18、体力あるって素晴らしい。

PVやコンサート映像を色々見て、歌詞が抽象的すぎていまいち燃えないなと思っていたが、見続けていると、あれ? いいかもと思えてきた。長い間興味なかったが、知っている歌もある。

顔と名前が一致していないのにコメント欄ではファンがニックネームで呼んでいて、今はいないメンバーもいて、最初は訳が分からないが段々分かってくる。それぞれのキャラクターや関係性が分かってくると、より楽しくなってくるのだろう。私の知らないうちにこんなに面白い世界になっていたとは!

こういう中身のないナンセンスな楽しさ好きだねー。

元ネタは「渚のシンドバッド」だろうと思っていたら、こんな映像もあった。この頃のメンバーなら全員分かる。高橋愛の写真や写真集買ってたなー。

と思っていたら’16もあるじゃないですか、いいねー。

《追記》
贔屓を一人に決めかねていたが、生田衣梨奈嬢に決定しましたー! 他にも第一印象がよかった人、顔も声もすごく好みの人、客観的にめちゃくちゃかわいい人もいたが、若いメンバーは怖いものなしな感じなので、応援したいというところまでは行かなかった。生田衣梨奈嬢は笑顔がかわいいんだけど何となく寂しげな雰囲気も漂っているところがよい。

この動画のコメント、「まってえりぽん優しすぎる(笑)いくら昔のことでも少しでもええ〜?!ってならずに笑えるって超優しくないか…?」、「生田さんめっちゃ人の目見てはなしきいてる、すき!」というところがいいね。やっぱり顔がかわいいだけでは好きにならない。

これ何度見ても笑える。アホっぽい言動が多いけど、たまに頭よさそうなしっかりした発言をするところがいい。

(2019年1月13日)

↓やっぱり何となく寂しげな雰囲気を感じ取ったのは間違いではなかった。
生田衣梨奈さんのフクちゃんへのガチ感が切ないwwwwww
(2019年1月18日)

あれから一年くらい経つ。どうも最近の歌は抽象的過ぎて、エゴや不満を汚い日本語で垂れ流していて全然好きじゃない。こういうのが若者には受けているのか、これを楽しめないということは私の感覚が古くなっているのかと不安になったが、Juice=Juiceやカントリー・ガールズは楽しめたので安心した。それから色々聴いてみて、一押しはつばきファクトリーに落ち着き、BEYOOOOONDSには流れていない。つばきファクトリーが昔のハロプロっぽいと書かれているのを見かけたことがあるが、モーニング娘。の「Give me 愛」を聴き、そうか、こういうことかと納得した。切ない歌詞にノスタルジーを感じさせ疾走感のある曲、いいね、これ。非常に気に入った。

エゴ垂れ流しも「ラララのピピピ」くらいまで行くとファンタジーとして楽しめる。

他に何かよく分かんないけどテンション上がって好きなのは「恋愛ハンター」だ。変な振付けが笑える。真面目な応援ソングなのかふざけているのかよく分からない。これも結構抽象的ではあり、だからこそ男性でも女性でも共感できるのではないか。ほのかなエロのバランスがいいね。エロも「気まぐれプリンセス」まで行くとちょっと違うんだよね。「恋愛ハンター」の腋を見せる振付け、「この口づけも 自然の力」という歌詞なんてかなりエロティックだよ。

(2019年12月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。