大江戸骨董市で見つけた猫のブロンズ像

猫のブロンズ像

何年も前から存在は知っていたが行ったことがなかった大江戸骨董市に行った。部屋を片付けていたらチラシが出てきたのだ。こんな大規模な骨董市が月二回もやっているなんて、久しぶりに東京ってすげーと思った。普段使えそうな食器が安い。マドレーヌの型をよく見かけた。

この猫が目に入り、多分高いんだろうなーと思いながらも一応値段を聞いてみたら、最初五千円と云われた。どうしようかなー、かわいいですねーと迷っていたら結構安くしてくれたので買った。いつ、どこのものなのか全然分らなくて、骨董屋主人もブロンズですねー、こんなの見たことないと云うばかりだった。おそらく指輪をひっかけておくものなのだろう。それほど高くなくてとてもかわいいのでよかった。目と口が付いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。