「 アメリカ 」一覧

『美女と野獣』の「ひそかな夢」の日本語版を聴いて、うーんと思ったが

『美女と野獣』の「ひそかな夢」の日本語版を聴いて、うーんと思ったが

私が観た『美女と野獣』はIMAX3Dの字幕版で、日本語吹替版はまだ観ていない。野獣のソロ「ひそかな夢」が気に入ったので日本語版をダウンロードしてみた。 英語版の字幕を...

記事を読む

『肉体と幻想』幻聴幻覚、占い、夢に翻弄される人々

『肉体と幻想』幻聴幻覚、占い、夢に翻弄される人々

何故か知らないが、記事「「アーサー・サヴィル卿の犯罪」 オスカー・ワイルド 手相占いを本気で信じてしまって殺人者に」に複数のアクセスがある日が時々ある。この短篇は映画化され...

記事を読む

実写版『美女と野獣』せっかくいいところもあるのにいじり過ぎて微妙に

実写版『美女と野獣』せっかくいいところもあるのにいじり過ぎて微妙に

『美女と野獣』(ビル・コンドン監督 2017)は悪くはないし、ヴィジュアルはかなりよいと云ってよいが、余計な要素を詰め込みすぎて、それらがよい効果をあげていないので長く感じ...

記事を読む

『忘れじの面影』死の香り漂う世紀末ウィーンの悲恋

『忘れじの面影』死の香り漂う世紀末ウィーンの悲恋

ウィーン出身でドイツ、フランス、アメリカ、そしてまたフランスで映画を撮ったマックス・オフュルス監督がハリウッドで撮った映画のひとつが『忘れじの面影』(1948)だ。原作は同...

記事を読む

夜想8 亡命者たちのハリウッド

夜想8 亡命者たちのハリウッド

夜想の興味ある特集を見つけたら大体買うようにしているが、「亡命者たちのハリウッド」は多分古本屋で現物を見たことがないような気がする。ネット通販で表紙も内容も知らず、タイトル...

記事を読む

『歴史は夜作られる』ロマンスありサスペンスありユーモアあり タイタニックを思わせる船の遭難スペクタクル

『歴史は夜作られる』ロマンスありサスペンスありユーモアあり タイタニックを思わせる船の遭難スペクタクル

少し前の記事「映画は宝探し まだまだ未知の世界が」に映像ソフトを買いすぎたと書いた。そのとき買ったDVDが『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』、9枚組『フランケンシュ...

記事を読む

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』美しき人造人間が醜悪に変貌

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』美しき人造人間が醜悪に変貌

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』(ジャック・スマイト監督 1973)は『悪魔のはらわた』(ポール・モリセイ監督 1974)と制作時期が近い。人造人間が美し...

記事を読む

リチャード・ギアに学ぶボディランゲージ、アイコンタクト

リチャード・ギアに学ぶボディランゲージ、アイコンタクト

俳優の目の使い方を参考にして生活に取り入れていこうという企画で、記事「エロティックな紳士を目指してジャック・ニコルソンの目つきをできるようになりたいと思ったが簡単ではない」、「クラ...

記事を読む

真面目で誠実『フランケンシュタイン』ノーカット完全版

真面目で誠実『フランケンシュタイン』ノーカット完全版

記事「テレビ映画『フランケンシュタイン』(2004) 実験室に揺らめく蝋燭の炎」に書いた『フランケンシュタイン』は約一時間もカットされた短縮版で、普通に見ていてもカットのつ...

記事を読む

『ヴィクター・フランケンシュタイン』 せむしの助手イゴールの恋と友情

『ヴィクター・フランケンシュタイン』 せむしの助手イゴールの恋と友情

『ヴィクター・フランケンシュタイン』(ポール・マクギガン監督 2015)の制作中に公開された写真を見て、イゴールがせむしじゃないじゃないか、分かってないやつが適当な映画を作...

記事を読む