つばきファクトリー 小片リサ

400BA747-4434-481C-803A-5B2DC7180F8F

私もいい大人だしガチ恋ではなかったが、やっぱり応援していた人がある日突然いなくなるというのは寂しいね、小片リサ。一連の騒動もそれほどショックは受けなかったし、社長のコメントを読むかぎり復帰もあり得そうと楽観的に考えていたが、2日経ち、各メンバーのブログを読むとそう簡単でもなさそうだという現実がのしかかってきた。本人や各メンバーのブログやコメント欄を読むと涙出そうになるわ。

小片リサは表情に出るから正直者だなと思うし、見ていて面白い。ただかわいいだけの人だったら応援したいとまでは思わないんだけど、歌もダンスも綺麗で何かミステリアスなところのある小片リサ、好きだね。聴いていると落ち着く声だ。

つばきファクトリーに興味持ち始め、まだ誰の名前も知らない頃にこういう動画を見て、何なんだこの人たち、めちゃくちゃ面白い!と思った。

はぁー、今見ると切ない。

そしてPVを見るといい歌が多い。音は今風だけど、メロディも歌詞もなんとなく懐かしい雰囲気があり、すごく好みだ。かわいらしく美しく、強さや激しさも秘め、ほのかに色っぽい。私は歌が上手いのよーという歌い方ではなく自然に発声しているところもいい。これはファンになるよね。

つばきファクトリーは全員かわいい、全員声がいい、全員スタイルがいい、全員いいキャラしてる、全員発言がしっかりしていて好感が持てる、というのは『つばきファクトリー ライブツアー2019春・爛漫 メジャーデビュー2周年記念スペシャル』を見れば解る。勢いがあった頃だ。

その後、色々あったけど、またこの頃はいい状態になっていて期待していたがコロナが・・・・・・ 私はまだ全員揃っているステージは一度しか観たことがないので、是非ホールコンサートで9人揃ったところを観たい。

バンドものの映画でもよくある、メンバー同士が衝突して、ステージ上で再会、和解するというシーン、私はああいう展開に弱いんだよね。そういう風になって欲しいな。

小片リサに似た顔の人も似た声の人もいない。

《追記》

色々な意見を読んでいると、書いてある字面の通りにしか理解できない人が増えているのだろうかと心配になる。小説でも信頼できない語り手という手法があり、ましてや現実、書いてあることすべてが本当とは限らない。

一番上に貼った動画で話しているように、小片リサは気持ちを全面に出すのが不得意で、本当は好きなのに恥ずかしいから「まあ、普通に話すよね」とか云ってしまう人だろう。

本人に聞いたわけじゃないから推測だが、「仲間なんて思ったことねーよ」というのは「仲間になりたい」というメッセージかもしれないじゃないか。辞めたがっている前提で話す人もいるけど、必要とされてると感じられないから辞めたい、仕事がないならいる意味ないから辞めたいということであって、原因の方に問題がある。

まあ、外野がどうのこうの云っても始まらない。つばきファクトリーに戻るなら今まで通り応援するし、ソロなら小片リサに付いていくし、それ以外ならそれを受け入れよう。

下の動画、リアルタイムで見たときは、普段からあまりしゃべらない人だからこれが平常なのだろうと思っていたが、やはり何か様子が違っていたのかもしれない。こういうのって振付師なり演出家がビシッと指導するものじゃないのだろうか。よく云えば自主性に任せているのかもしれないが。

新曲「断捨ISM」、この歌は好きなんだよ。ライブハウスの重低音で聴きたい。だが、この腰を落とす振付けは腿と地面が平行になるくらいガバッと脚を開いて全員ピシッと揃っているとかっこいいのに、この衣裳ではやりづらいだろう。製作陣の問題だ。そして脚の曲げ方が全員バラバラだ。監督がこれでOK出したら駄目なレベルだよ。これを初めて見たのは騒動を知る前だったが、気になる点だった。心のバラバラがダンスに現れていたのだろう。

(2020年10月12日)

一番上の画像は「イマナンジ?」の歌詞に「腕時計」が出てくるのでテンション上がって撮ったものだ。だからデイデイトは公開日の“SUN 30”になっている。「イマナンジ?」はインパクトのある歌ではないが、みんな新しい表現を見せている。デート風の映像は「I Need You ~夜空の観覧車~」、時計は「ふわり、恋時計」、「どうしたの」という言葉は「今夜だけ浮かれたかった」を連想させ、まさにつばきワールド。

(2020年10月13日)

尾崎豊の「卒業」を歌って卒業などという書き込みを見かけた。あんまり笑えないが、「I LOVE YOU」を歌っているメンバーもいるくらいだから尾崎もアリかもなどと考えていたら、もしかして小片リサの脆さ、熱さ、魂の叫びは尾崎豊なんじゃないかと思えてきた。やっぱり好きだな。という訳で小片リサに捧げたい尾崎豊 ベスト3。解説は特になし。聴けば解る。

「太陽の破片」

「傷つけた人々へ」

「存在」

(2020年10月14日)

記事「『カルパチアの城』 ジュール・ヴェルヌ 死んだはずの歌姫の声の正体は?」に書いた『カルパチアの城』のゴルツ男爵のように機械で再現された幻影を見るしかないのか、今のところ。つばきロスから最近の研修生をチェックしていたのに、こんなところへたどり着いてしまった。

(2020年10月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。