「 本 」一覧

呼び醒まされた記憶 巴里のメトロで『珊瑚集』(永井荷風 岩波文庫)を読んだ

呼び醒まされた記憶 巴里のメトロで『珊瑚集』(永井荷風 岩波文庫)を読んだ

記事「Paris 2010」を書いたことで、そのときに持って行った文庫本の記憶が呼び醒まされた。タイトルは憶えていない。おぼろげな記憶から永井荷風、詩、薄いという手がかりで捜索し、...

記事を読む

竹久夢二のカメラ ベストポケット・コダック 通称ベス単

竹久夢二のカメラ ベストポケット・コダック 通称ベス単

帯広美術館の展覧会「竹久夢二 小林かいち グラフィック黎明期の抒情と詩情」の竹久夢二の展示は撮影可だった。私にとっては日本の美術館では初めてのことで予想外だった。カメラを手に展示を...

記事を読む

『写真が語る札幌市の100年』 名もなき市井の人々が撮った街の風景や何気ない記念写真

『写真が語る札幌市の100年』 名もなき市井の人々が撮った街の風景や何気ない記念写真

札幌市図書・情報館、いいねー。存在は数年前から知っていたが、行こうと思ったのは写真に興味持ち始めてからだ。見てみたいと思う写真集を検索するとあるんだよね。快適なソファがあり、静かな...

記事を読む

『田中長徳 PENの本』に澁澤龍彦の名が

『田中長徳 PENの本』に澁澤龍彦の名が

『田中長徳 PENの本2』(impress mook)を古本屋で見つけた。存在は知っていたが私の愛機PEN-Fが出る前の本で、買うほどでもないかなと思っていた。中を見るとこれがPE...

記事を読む

Adobe Camera Rawでレトロ調、フィルム風レタッチ 参考文献『作品づくりが上達するRAW現像読本』

Adobe Camera Rawでレトロ調、フィルム風レタッチ 参考文献『作品づくりが上達するRAW現像読本』

Lightroomの解説本『作品づくりが上達するRAW現像読本』(澤村徹 玄光社MOOK)を持っている。 Adobeのソフトが色々入っているセットをかなり前に買ったの...

記事を読む

デジスコが気になる今日この頃

デジスコが気になる今日この頃

記事「オオルリ撮ったぞー!」にレンズ沼はキリがないからもう買わないようにしようと思ったが、超望遠には投資した方がよさそうな気もすると書いた。だが超望遠レンズは安くはない。なんかいい...

記事を読む

『「驚異」の楽園 フランス世紀末文学の一断面』 私はこういうのが好きなのだった

『「驚異」の楽園 フランス世紀末文学の一断面』 私はこういうのが好きなのだった

ここ数年、主に腕時計、後にカメラの大物欲時代が続き、読書、映画鑑賞の時間がかなり減っていた。これはあんまりよくない傾向だね。今年はもっと文化的なものに力を入れていくことにし...

記事を読む

『さっぽろ野鳥観察手帖』で撮影した鳥を同定

『さっぽろ野鳥観察手帖』で撮影した鳥を同定

これは奇蹟の一枚だったな。トリミングなし、加工なし。 ゴジュウカラ もう一枚。こちらはトリミング・加工あり。 35mm換算600mmオートフォーカスの...

記事を読む

別冊Lightning vol.235 ALL ABOUT RED WING 2月10日はレッドウィングの創業記念日

別冊Lightning vol.235 ALL ABOUT RED WING 2月10日はレッドウィングの創業記念日

2月10日はRED WING(レッドウィング)の創業記念日なのでギリギリだが今日のうちに記事にする。別冊Lightning vol.235 ALL ABOUT RED WI...

記事を読む

『妖花 ユウゼニカ物語』橘外男 満州のアルメニア人の凄絶な復讐譚 謎の美人姉妹

『妖花 ユウゼニカ物語』橘外男 満州のアルメニア人の凄絶な復讐譚 謎の美人姉妹

当ブログは腕時計専門というわけではない。だが、どうもここのところあまり本を読んでいなかった。段々頭が悪くなってきている気がする。齢のせいかスマホのせいか放射能汚染のせいか判...

記事を読む