ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』  神々も英雄もままならぬ

 ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』 神々も英雄もままならぬ

『ニーベルンゲンの指環』(リヒャルト・ワーグナー作 アーサー・ラッカム絵 新書館)四巻セットには挿絵が多い。ラッカムの絵は曲線が綺麗だ。「ラインの黄金」のみ寺山修司訳で、こ...

記事を読む

ルネッサンス11月下旬オープン予定

ルネッサンス11月下旬オープン予定

クラシックの元スタッフの方の店、名曲喫茶ルネッサンスが今日、高円寺にオープン予定だったが、行ってみると延期になっていた。 中を見せてくれた。かなり広くてくつろげそうだ...

記事を読む

『陽気な街』

『陽気な街』

ロイ・デル・ルース監督『陽気な街』を見た。発売されてすぐ買って見たが、また見ようと思ったのは本屋で双葉十三郎の『ミュージカル洋画ぼくの500本』(文春新書)を見かけたからだ...

記事を読む

『吸血鬼サーカス団』(1972)

『吸血鬼サーカス団』(1972)

タイトルを聞いただけで見たくなったロバート・ヤング監督『吸血鬼サーカス団』(1972)を見た。『シネマティック・ヴァンパイア』(ジョン・L・フリン フィルムアート社)に「ば...

記事を読む

月の王 『ルートヴィヒ 完全復元版』 ルキノ・ヴィスコンティ

月の王 『ルートヴィヒ 完全復元版』 ルキノ・ヴィスコンティ

ルキノ・ヴィスコンティ監督『ルートヴィヒ【完全復元版】』を観た。今気付いたが「神々の黄昏」という副題は付いていない。オリジナル版(1972)は184分で復元版は237分だ。...

記事を読む

青白き裸女群像・他

青白き裸女群像・他

自由が丘に来ている。ガイドを見るとどんなおしゃれな街かと思ったが、駅前は大塚と変わらないし、路地に入ると江古田と変わらないごちゃごちゃした普通の街だ。 少し前に気にな...

記事を読む

日本幻想文学誌コンプリ

日本幻想文学誌コンプリ

最近集め始めた幻想文学(幻想文学出版局)の特集・日本幻想文学誌が昨日揃った。素早かった。最後の一冊は通販ではないがネットで検索して神保町に買いに行った。 本についての...

記事を読む

『カンターヴィル・ゴースト』 オスカー・ワイルドの幽霊物語の映像化

『カンターヴィル・ゴースト』 オスカー・ワイルドの幽霊物語の映像化

ビデオでは『カンターヴィル・ゴースト』だが、かなり前にテレビで流れたときは『カンタヴィル家の亡霊』だった。私は子供の頃、これをビデオに録ったものを何度も見ていて、また見てみ...

記事を読む

札幌 狸小路の古本屋、骨董屋、喫茶店、映画館

札幌 狸小路の古本屋、骨董屋、喫茶店、映画館

狸小路7丁目の大學堂書房は昔のままというよりは、棚がスカスカだったり、より積み上げられていたり、より混沌としていた。向かいにはアンティークモール骨董時代村がある。平和ビリヤ...

記事を読む

やっぱり東京は違う

やっぱり東京は違う

レンタルで『黒蜥蝪』(深作欣二監督 1968)を見た。初めて観たのは池袋の新文芸坐で、『恐怖奇形人間』(石井輝男監督 1969)と二本立てだった。東京に来たばかりの頃で、こんなのが...

記事を読む