『魔都』(久生十蘭)をすでに持っているのに新しく創元推理文庫版を買う必要はあるか

『魔都』(久生十蘭)をすでに持っているのに新しく創元推理文庫版を買う必要はあるか

四月に創元推理文庫の『魔都』(久生十蘭)が発売された。私は教養文庫版を持っているので急いで買う必要性は感じていなかったが、どのようなものか店頭に見に行った。 魔都 -...

記事を読む

『美女と野獣』の「ひそかな夢」の日本語版を聴いて、うーんと思ったが

『美女と野獣』の「ひそかな夢」の日本語版を聴いて、うーんと思ったが

私が観た『美女と野獣』はIMAX3Dの字幕版で、日本語吹替版はまだ観ていない。野獣のソロ「ひそかな夢」が気に入ったので日本語版をダウンロードしてみた。 英語版の字幕を...

記事を読む

オスカー・ワイルド全部入りで音声付で0円

オスカー・ワイルド全部入りで音声付で0円

最近、「アーサー・サヴィル卿の犯罪」の映画化について記事「『肉体と幻想』幻聴幻覚、占い、夢に翻弄される人々」を書いたので、英語版の無料の電子書籍でもないかなと思って探してみ...

記事を読む

『笑う吸血鬼』丸尾末広 ブルセラ・少年凶悪犯罪・オヤジ狩りの20世紀末グラン・ギニョール

『笑う吸血鬼』丸尾末広 ブルセラ・少年凶悪犯罪・オヤジ狩りの20世紀末グラン・ギニョール

丸尾末広は雑誌でイラストを見たり短篇を読んだりしたくらいで、きちんと読んだことがなかった。古本屋や古本市ではビニールがかかっていることが多く、今日たまたまビニールのかかって...

記事を読む

『肉体と幻想』幻聴幻覚、占い、夢に翻弄される人々

『肉体と幻想』幻聴幻覚、占い、夢に翻弄される人々

何故か知らないが、記事「「アーサー・サヴィル卿の犯罪」 オスカー・ワイルド 手相占いを本気で信じてしまって殺人者に」に複数のアクセスがある日が時々ある。この短篇は映画化され...

記事を読む

実写版『美女と野獣』せっかくいいところもあるのにいじり過ぎて微妙に

実写版『美女と野獣』せっかくいいところもあるのにいじり過ぎて微妙に

『美女と野獣』(ビル・コンドン監督 2017)は悪くはないし、ヴィジュアルはかなりよいと云ってよいが、余計な要素を詰め込みすぎて、それらがよい効果をあげていないので長く感じ...

記事を読む

レトロスペース・坂会館 札幌ディープ・ノスタルジー

レトロスペース・坂会館 札幌ディープ・ノスタルジー

レトロスペース・坂会館がどういう場所なのかは他の方々が書かれているので、そちらを参照。 圧巻!札幌の怪しさMAXな博物館『レトロスペース・坂会館』がスゴかった 閉館と噂...

記事を読む

『忘れじの面影』死の香り漂う世紀末ウィーンの悲恋

『忘れじの面影』死の香り漂う世紀末ウィーンの悲恋

ウィーン出身でドイツ、フランス、アメリカ、そしてまたフランスで映画を撮ったマックス・オフュルス監督がハリウッドで撮った映画のひとつが『忘れじの面影』(1948)だ。原作は同...

記事を読む

マジックの番組を見ていて掘り返された記憶の底から出てきた本

マジックの番組を見ていて掘り返された記憶の底から出てきた本

テレビ番組「潜入!世界最高峰のマジック殿堂 Magic Castle」を録画したのは、なんとなく興味惹かれたからであり、継続的に奇術に興味あったというほどではない。だが、思い返して...

記事を読む

高貴な夜の種族の薫りを目指して

高貴な夜の種族の薫りを目指して

高貴な夜の種族の薫りって私が考えた言葉ではなくて他の人が書いた言葉なのだが、まさにこういうミステリアスで妖しい人物になりたいものだ。そのためにこれからは奇術、占術、催眠術に...

記事を読む