マジックの番組を見ていて掘り返された記憶の底から出てきた本

マジックの番組を見ていて掘り返された記憶の底から出てきた本

テレビ番組「潜入!世界最高峰のマジック殿堂 Magic Castle」を録画したのは、なんとなく興味惹かれたからであり、継続的に奇術に興味あったというほどではない。だが、思い返して...

記事を読む

高貴な夜の種族の薫りを目指して

高貴な夜の種族の薫りを目指して

高貴な夜の種族の薫りって私が考えた言葉ではなくて他の人が書いた言葉なのだが、まさにこういうミステリアスで妖しい人物になりたいものだ。そのためにこれからは奇術、占術、催眠術に...

記事を読む

夜想8 亡命者たちのハリウッド

夜想8 亡命者たちのハリウッド

夜想の興味ある特集を見つけたら大体買うようにしているが、「亡命者たちのハリウッド」は多分古本屋で現物を見たことがないような気がする。ネット通販で表紙も内容も知らず、タイトル...

記事を読む

ヴィスコンティ監督愛用の香水はペンハリガンのハマン ブーケ

ヴィスコンティ監督愛用の香水はペンハリガンのハマン ブーケ

ココ・シャネルは云った。「香水をつけない女に未来はない」と。今や男だからとか女だからとか区別する時代ではない。という論法で私は香水を使う。何を使っているかは書かない。すっきり知的系...

記事を読む

『歴史は夜作られる』ロマンスありサスペンスありユーモアあり タイタニックを思わせる船の遭難スペクタクル

『歴史は夜作られる』ロマンスありサスペンスありユーモアあり タイタニックを思わせる船の遭難スペクタクル

少し前の記事「映画は宝探し まだまだ未知の世界が」に映像ソフトを買いすぎたと書いた。そのとき買ったDVDが『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』、9枚組『フランケンシュ...

記事を読む

『悪魔のはらわた』ウド・キアー演ずる目がイッちゃってるフランケンシュタイン

『悪魔のはらわた』ウド・キアー演ずる目がイッちゃってるフランケンシュタイン

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』(ジャック・スマイト監督 1973)を見たら制作年が近い『悪魔のはらわた』(ポール・モリセイ監督 1974)も見たくなり、...

記事を読む

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』美しき人造人間が醜悪に変貌

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』美しき人造人間が醜悪に変貌

『真説フランケンシュタイン 北極に消えた怪奇人間』(ジャック・スマイト監督 1973)は『悪魔のはらわた』(ポール・モリセイ監督 1974)と制作時期が近い。人造人間が美し...

記事を読む

『ロザリンとライオン』青春映画、恋愛映画であり動物映画、サーカス映画でロード・ムービー

『ロザリンとライオン』青春映画、恋愛映画であり動物映画、サーカス映画でロード・ムービー

記事「映画は宝探し まだまだ未知の世界が」に書いた『ロザリンとライオン』( ジャン=ジャック・ベネックス監督 1990)を見た。何の予備知識もなく下のパッケージを見たとき、...

記事を読む

リチャード・ギアに学ぶボディランゲージ、アイコンタクト

リチャード・ギアに学ぶボディランゲージ、アイコンタクト

俳優の目の使い方を参考にして生活に取り入れていこうという企画で、記事「エロティックな紳士を目指してジャック・ニコルソンの目つきをできるようになりたいと思ったが簡単ではない」、「クラ...

記事を読む

映画は宝探し まだまだ未知の世界が

映画は宝探し まだまだ未知の世界が

月も変わったし楽天スーパーSALEだし、ちょっと映像ソフトを買いすぎたな。テレビの録画も溜まっているし、これからどんどん見ていこう。 映画は今映画館でやっているのばかりが映画...

記事を読む