SMITHS DE LUXE クラシカルな英國ヴィンテージウォッチ

こちらのSMITHS(スミス)の DE LUXE(デラックス)に一目惚れし、記事「SMITHS ASTRAL シンプルでモダンな英國ヴィンテージウォッチ」のASTRAL(アストラル)と同時に落札した。クラシカルなDE LUXE、モダンなASTRALとタイプが全然違うので、どちらかひとつを選べなかった。

SMITHS スミス デラックス

「ヤレ」という言葉も古い腕時計を色々見て知った。最初は意味がよく分からなかった。いいねー、このヤレた感じ。

完全にデザインで選んだが、ハイエンドモデルだと後になってから知り、よかった。ブルースチールの針で贅沢な気分になれる。最初、DE LUXEに黒いベルト、ASTRALにダーク・ブラウンのベルトが付いていた。私は逆の方が似合うのではないかと思い、付け替えた。これらもよいベルトではある。

暑い時季は記事「SMITHSの革ベルトを16mm幅ゴールド金具のNATOベルトに替えてみた」に書いたようにナイロンのベルトを付けていた。だが、夏はダイバーズウォッチ一色で、SMITHSの出番は少なかった。涼しくなるとまた秋らしい腕時計にしたくなる。

このわかいいDE LUXEにはもっと薄いブラウンに白ステッチが入ったベルトが似合うんじゃないかなと思っていて、丁度いいものをたまたま楽天の時計ベルト専門店 Mano a Mano で見つけた。商品ページには「気品漂うクラシカルな時計ベルト」、「上品なフォルムと艶が魅せる美」と惹句が並び、ヴィンテージウォッチに合うと書かれている。

実際にヴィンテージウォッチ付けてみると、いい感じになった。裏は水や汗に強い素材なので、このまま暑い季節にも使えそうだ。

smiths de luxe

ファッションに合わせて腕時計を選ぶのではなく、イギリス時計に合わせてシャツもロンドンストライプにしてみた。

《関連記事》
SMITHS 英國ヴィンテージウォッチ
SMITHS ASTRAL シンプルでモダンな英國ヴィンテージウォッチ
SMITHSの革ベルトを16mm幅ゴールド金具のNATOベルトに替えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。