SMITHS 英國ヴィンテージウォッチ

私が一目惚れし、一か月くらい前から狙っていたヴィンテージウォッチはイギリスのメーカーSMITHS(スミス)のもので、二本まとめて無事落札した。

アンティーク、ヴィンテージとなると上を見れば何十万、何百万円という世界だし、新品のクウォーツでも四、五万かそれ以上するものもあるから、私が落札したのはすごく高くも安くもない。それにしても思い切りの必要な値段ではある。部屋で時計を眺めていてもしょうがないので、身に付けて街に出たいが、しばらく節約生活だ。だが、本当に美しいと感じているので後悔はない。

下記のサイトの商品説明に書かれている「上品さと可愛らしさの共存」、「なんと可愛らしい!!と一瞬で心を奪われて大好きになりました」というのは、私もそうだった。しかも、まだ実物も見ていないのに。小さめでシンプルなデザインで数字がかわいいのが好きという私の好みにぴったりだ。

スミス デラックス/SMITHS DE LUXE | アンティーク ハナーブ

時計好き、イギリス好きには有名なのだろうけど、それほどメジャーではないSMITHSの歴史などについては他の方がたくさん書いている。

Watch Gallery Big Bear’s Blog
スミスの歴史について – JOURNAL – アンティーク腕時計専門店|アドヴィンテージ
数奇な運命をたどった英国時計ブランドSMITHSの魅力に迫る。 | CLUTCH Journal
スミス、MADE IN ENGLANDの矜持 | 時計三昧

ヴィンテージ風デザインの新品も検討した。それでもSMITHSの美しさには抗えなかった。私は完全にデザインで選んだが、使い捨てクラスではなくハイ・クオリティのモデルだったようで、よかった。これで英國紳士を気取りたい。

うーん、ビュ~リフォ~!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。