SEIKO5 改造計画

SEIKO5

定価二十万円、中古十万円程度のとある時計が欲しい波が来ていて、高級時計店へ行って実物も見た。買ってしまうかSEIKO5カスタムで似たようなのを作るかで迷い、カスタムの方に傾いてきている。カスタムについて調べてみるとなかなかハードルが高そうだが、まずは風防交換くらいはやりたい。

風防交換以前にまずはサイズを把握する必要がある。参考になるブログ記事とサイトをメモしておこう。

 交換用ガラスを選んでみよう!!

 https://boley.de/case-parts
型番(7S26-XXXX)を入力すると純正の外装品番が分かる。

風防の型番の最初の3桁は00.0㎜を示すとのこと。どれもケース幅37mm、風防は大体30mmだが、1mm程度の差がある。

参考になるサイト

 怪しい改造講座

 SEIKO5-7S26 ・ 7S36のムーブ交換 – SPnet

パーツについて。

 セイコーカスタムパーツショップ

 時計部品・パーツショップ

以前、ライスブレスに凝っていたときにyobokiesの購入方法を調べていて、こちらのブログにたどり着いたことがあった。そのときはメールで注文だったが、最近は普通の通販サイトのようにカートができていた。ところが、ダイアルのデイトあり・なしを選べるようになっていない。ブログ記事によると新しいサイトができたが、まだ購入の際はメール・PayPalでの取引とのこと・・・・・・

中身を出して入替え。この組み合わせもいいな。

針外し、付け。

針を外してダイアル交換。

風防交換、防水検査。

まだ部品はないし、持っていない道具もあるので、色々研究しながら進めていこう。

《追記》

早速まずは針を注文。ダイアルとか風防とか道具とか色々欲しいけど、今月は時計を買いすぎたから来月にしよう。

ブレス目当てにジャンク時計を買うのは記事「レトロなダイバーズウォッチにライスブレスを合わせたい」でもやっていたので初めてじゃないが、作りたい時計に合いそうなブレスを落札した。私の直感では純正の弓カンに嵌まるはずなのだが、さてどうなるか。

(2020年6月24日)

この時計をミリタリーにしたい。

IMG_4449

ミリタリーならこちらを買ってカスタムするという手もあり、私もそうしようとした。だが、ラグが太いところが好みとはちょっと違う気がして、手持ちの時計を改造することにした。

全面鏡面のケースを自家製ヘアラインに。記事「腕時計のステンレスブレスの鏡面部分に紙やすりでヘアラインを入れる」のときはほぼ平面なので紙やすりでなんとかなったが、今回は100円ショップのスポンジやすりを買ってみた。どうだろうな。完璧ではないが、まあこんなものか。

IMG_4450

SEIKO5に凝り始めて色々見ていると当然アクタスも目に入ってきて、気にはなっていた。今回、この時計にアクタスのHリンクブレスを合わせたいと思い、ジャンクを手に入れた。

IMG_4455

私が思った通り、この時計の純正弓カンに合った。ブレス幅は1mm短い。うーん、貧相だな。いや、それでこそSEIKO5。こういう感じの時計になる予定。

IMG_4456

汚れっぱなしの超絶ジャンクだったが、きちんと動いている。さすがだ。

(2020年6月27日)

本文に書いたyobokiesのダイアルを注文したことについて記事「yobokies購入方法【2020年版】 海外のSEIKO腕時計カスタムパーツ通販」に書いた。

(2020年7月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。