SEIKO5 改造計画

SEIKO5

定価二十万円、中古十万円程度のとある時計が欲しい波が来ていて、高級時計店へ行って実物も見た。買ってしまうかSEIKO5カスタムで似たようなのを作るかで迷い、カスタムの方に傾いてきている。カスタムについて調べてみるとなかなかハードルが高そうだが、まずは風防交換くらいはやりたい。

風防交換以前にまずはサイズを把握する必要がある。参考になるブログ記事とサイトをメモしておこう。

 交換用ガラスを選んでみよう!!

 https://boley.de/case-parts
型番(7S26-XXXX)を入力すると純正の外装品番が分かる。

風防の型番の最初の3桁は00.0㎜を示すとのこと。どれもケース幅37mm、風防は大体30mmだが、1mm程度の差がある。

参考になるサイト・ブログ記事

 怪しい改造講座

 SEIKO5-7S26 ・ 7S36のムーブ交換 – SPnet

 SEIKO 7S26の分解 ~その1~

 SEIKO 7S26の分解 ~その2~

パーツについて。

 セイコーカスタムパーツショップ

 時計部品・パーツショップ

 【SEIKO MODS】セイコー5の品番・ムーブメント・構造まとめ。

以前、ライスブレスに凝っていたときにyobokiesの購入方法を調べていて、こちらのブログにたどり着いたことがあった。そのときはメールで注文だったが、最近は普通の通販サイトのようにカートができていた。ところが、ダイアルのデイトあり・なしを選べるようになっていない。ブログ記事によると新しいサイトができたが、まだ購入の際はメール・PayPalでの取引とのこと・・・・・・

中身を出して入替え。この組み合わせもいいな。

針外し、付け。

針を外してダイアル交換。

風防交換、防水検査。

まだ部品はないし、持っていない道具もあるので、色々研究しながら進めていこう。

《追記》

早速まずは針を注文。ダイアルとか風防とか道具とか色々欲しいけど、今月は時計を買いすぎたから来月にしよう。

ブレス目当てにジャンク時計を買うのは記事「レトロなダイバーズウォッチにライスブレスを合わせたい」でもやっていたので初めてじゃないが、作りたい時計に合いそうなブレスを落札した。私の直感では純正の弓カンに嵌まるはずなのだが、さてどうなるか。

(2020年6月24日)

この時計をミリタリーにしたい。

IMG_4449

ミリタリーならこちらを買ってカスタムするという手もあり、私もそうしようとした。だが、ラグが太いところが好みとはちょっと違う気がして、手持ちの時計を改造することにした。

全面鏡面のケースを自家製ヘアラインに。記事「腕時計のステンレスブレスの鏡面部分に紙やすりでヘアラインを入れる」のときはほぼ平面なので紙やすりでなんとかなったが、今回は100円ショップのスポンジやすりを買ってみた。どうだろうな。完璧ではないが、まあこんなものか。

IMG_4450

SEIKO5に凝り始めて色々見ていると当然アクタスも目に入ってきて、気にはなっていた。今回、この時計にアクタスのHリンクブレスを合わせたいと思い、ジャンクを手に入れた。

IMG_4455

私が思った通り、この時計の純正弓カンに合った。ブレス幅は1mm短い。うーん、貧相だな。いや、それでこそSEIKO5。こういう感じの時計になる予定。

IMG_4456

汚れっぱなしの超絶ジャンクだったが、きちんと動いている。さすがだ。

(2020年6月27日)

本文に書いたyobokiesのダイアルを注文したことについて記事「yobokies購入方法【2020年版】 海外のSEIKO腕時計カスタムパーツ通販」に書いた。

(2020年7月2日)

針やダイアルや工具はまだまだ届かないだろう。また別の計画もある。今回はこれらを開けた。

IMG_4571

ケース固定台がなければ開けられなさそうだった。買いに行こうかと思ったが、傷付かないように時計をセーム革で巻いてモーターレンチでなんとかなった。無理矢理。

IMG_45722

裏蓋を開けるのは問題なし。

IMG_4576

記事にリンクを貼った動画やサイトで見ていたので、オシドリの位置は迷わず分かった。思ったより簡単だった。

IMG_4581

記事「もしかしてファイブ沼? ロレックス・オルタナティヴと呼ばれて」に追記した通り、白のリューズが曲がっていた。巻き芯をいじっていたらポッキリと折れてしまった。いやー、安くなかったんだけどな、ジャンクじゃないか。SEIKO5を送る箱にボタン電池と書く頭のおかしい店だった。まあ、しょうがない。これも経験だ。

IMG_4585

ペットボトルのふたにムーヴメント。

IMG_4587

風防外し。黒はうまく行った。白は元々ヒビがあり、粉々に砕け散った。風防は替えるつもりだったので問題ない。

IMG_4590

続きは技術のある方にお願いする。さて、どうなって帰ってくるか?

折れた巻き芯なー、使える巻き芯が入った安いジャンクが見つかればよいが。部品を日本の業者から買えるか、海外の通販を使うか。
自分用メモ
Seiko 9M40B3SNW0 CROWN 9849M40B3SNW
Seiko 0351261 WINDING STEM 9840351261
Seiko DB0055B01 CROWN & STEM GASKET 984DB0055B01

(2020年7月5日)

昨日、針が届いた。
リューズ、巻き芯は日本の業者から手に入りそうだ。まったく余計な出費だが、まあ高すぎるほどではない。

(2020年7月7日)

ケースにドーム風防が付いて戻って来た。プラ風防はサイズの選定や取り付けが特殊なようで、技術のある方にお願いした。

IMG_4695

巻き芯(巻真)は自力で切った。最初、リューズに入って行かず、うまくいくかどうか不安になりながらもヤスリで削り、なんとか直した。

IMG_4697

思ったより出っぱりすぎになってしまった。もっと低めでなだらかでよかったな。まあ、実際にやってみないと分からないことはある。

IMG_4698

正面や斜めから見たときの縁の光沢は悪くない。

IMG_4712

IMG_4714

(2020年7月14日)

先日、交換用の風防が届いた。四千円くらいするサファイアクリスタルガラスは失敗したらダメージが大きいのでAliExpressで八百円くらいのミネラルガラスにした。

IMG_4718

上に貼った風防交換動画ではカパッと外れてすごく簡単そうなのだが、私がやったときは元の風防が割れてしまった。買った風防を載せると明らかに入らなさそう。サイズは間違えていないはずなのに。

IMG_4720

元の風防は縁がななめになっていてベゼルで固定するタイプらしい。これに合う風防はあるのか? 自分で交換できるのか? 簡単に交換できそうな機種を買うしかないのか?

(2020年7月22日)

風防をどうしようかなと考えていて閃いた。ブレス目当てで買ったジャンクの5アクタスのケースを使えないだろうか。これならいい感じのプラ風防がすでに付いている。アクタスの裏蓋を見ると7019-8010となっている。どちらもファイブなんだし、最初の数字が7だからもしかしてなんとかなるのではないか。駄目なら元に戻せばいい。どちらもジャンクなんだし、という感じで入替えを決行した。

IMG_4799

アクタスは巻き芯を抜くときに押すオシドリの位置が不明だったが、巻き芯が折れていたのでムーヴメントごと抜けた。

IMG_4800

そして、アクタスのケースにファイブの7S26ムーヴメントが入った! 

IMG_4801

あとはローターが裏蓋にぶつからないかどうか、巻き芯の長さが合うかどうかが問題だが、どちらも大丈夫そうだ。オッケー、遠回りしたがこれで行ける気がする。アクタスのケースなら純正ブレスなので幅も問題ない。あとは針とダイアルを取り替えるだけ。ケースの汚れを落としたりプラ風防を磨いたりしながらダイアルが届くのを待とう。

(2020年7月23日)

ケースはすでに傷だらけなので、この雰囲気を活かして自家製ヘアラインにはしないでおこう。すると風防もあえてこのままというのもアリな気がしてきた。まあ、磨くのは後でもできる。針交換の工具は届いたので、あとはダイアルだけなんだよな。早く届いてくれー!

IMG_4805

(2020年7月26日)

記事「yobokies購入方法【2020年版】 海外のSEIKO腕時計カスタムパーツ通販」で注文してあったダイアルが届いた。すぐにでも針とダイアルの交換をやりたいが、こういうことは焦るとロクなことにならない。じっくり予習しよう。

IMG_5009

(2020年8月17日)

針を上に引っこ抜くと書いているサイトもあるが、横に力を入れるとスルッと抜けた。最初だからどの方向にどのくらい力を入れればいいのかが分からなかった。

IMG_5015

クリーニングパテはブロワーでは取れないごく小さな汚れも取れるのでおすすめだ。

IMG_5019

針の取り付けは手こずった。分針で擦れて時針が汚れてしまった。

IMG_50201

完成、うん、かっこよすぎ。見た目完璧、だがしかし失敗だ・・・・・・ 勝負に勝って試合に敗けた感じ。

IMG_5022

というわけで欲しかった時計はSINN(ジン)556.A.RSだ。

こちらのカスタム例を見て、やってみたくなった。オマージュ系は何か針が太いななどと思うことが多いが、こちらはおっ! いいんじゃない?と思った。

レギュラー5(SNK809K1)のMod(カスタム)例です!

見た目は本当に予想以上の出来だ。ブレスもわざわざこのデザインを選び、SINNにオマージュを捧げている。私の好み的には小さめ、デイトなし、針が目盛りに届いている、ヴィンテージ感があるという点はSINN以上だ。

IMG_5027

針を取り付けてリューズを回して問題なかったので大丈夫だと思ったが、特定の位置で分針と秒針が干渉してしまう。おそらく針がまっすぐ付いていないのだろう。そして、裏蓋を当てて動かしたときはローターが回っていたが、裏蓋をきっちり閉めるとローターがピクリとも動かなくなってしまった。うまく行きそうな気がしたが無理があったようだ。

IMG_5058

このケースは裏蓋を閉めると再度開けるのがかなり困難だ。大人しく上にリンクを貼ったSNK809を注文した。高いものではないし、ジャンクではないムーヴメントで再挑戦だ。他に黒地に白文字のデイデイトも手に入るので、それを別の時計に移し替えたい。

まあ、初めてだからね。失敗することもあるだろう。とりあえず記念撮影。

IMG_5038

IMG_5041

(2020年8月18日)

針の装着をやり直した。試運転は問題なかったのにケースに入れるとやはり針がぶつかり、また苦労して裏蓋を開けて針の調整をした。なんだろうな、これ、ドーム風防に秒針が当たっているのかな。ローターも全然動いていない気がしたが、動いているような気配もある。これでうまく行けばSNK809を買わなくてもよかったんじゃないかというところだが、このままでは何かある度にケースを開けるのも大変だし、どうなることやら。

IMG-5098

(2020年8月20日)

やっぱりケースに入れる前は大丈夫でもケースに入れると針がぶつかってしまう。おそらくこのドーム風防では無理があるのだろう。SNK809も届いたし、週末は改造しよう。別の時計の弓カン削りもやる。

(2020年8月21日)

何度も書いている通り、アクタスのケースは裏蓋を開けるのが非常に困難だ。一応工具を入れる溝はあるのだが、カッターの刃くらいの細さだ。こんなのどうやって開けていたのだろう。なかなか開かないから細いドライバーを当ててハンマーで叩いたらダイアルのエト足(ダイアルの裏に付いている、固定するための足)が折れてしまった。長い間待ってやっと届いた部品が壊れたのだから、そりゃあショックだったわ。

茫然としながらエト足修理について調べていると、カスタムでエト足を折って両面テープや接着剤で付ける人もいるらしいことを知った。なるほど。私が買ったダイアルは四時位置リューズのムーヴメント用のエト足だが、エト足が折れて両面テープを使うなら三時位置リューズの時計でも行けるじゃないか!

右が今回使おうと思っていた時計SNK809。6月27日の追記にラグが太いところが好みとはちょっと違う気がすると書いたが、実物を見てもやはりケース側面からラグへの曲線が急すぎてあまり美しくない。すごく悪いっていうほどでもないんだけど、なんとなく。左のSNX123が本当に大好きなケースだ。三時位置リューズだから使えないはずだった。このダイアルも好きだが、この後に似たデザインでもっとかっこよいオリエントスターを買ったので、こちらを使うことにした。丁度いいことにドーム風防化してある。

IMG_5119

オッケー、紆余曲折あったが結果オーライ、問題なし。針はぶつからない。

IMG_5121

IMG_5123

IMG_5127

SNK809は使わなかった。これに針とダイアルを組替えようとしてエト足を壊してしまった結果、気に入っているケースの方で組むことができたのだから、一応必要な登場人物ではあったのだろう。こういうきっかけがなければ自分から買うことはなかったと思うが、各方面で評判のよいモデルだ。確かにかっこいい。

IMG_5135

計器のごちゃごちゃ感もありながら、数字や線が細くてすっきりしていて、黒地に白文字のデイデイトも統一感がある。時針分針はやや短いが、このデザインに合っている。気になるのは秒針で、カスタムしようかどうしようか検討中。

カスタムすることに決定。

(2020年8月23日)

こちらの時計はまだいじるかもしれないが、とりあえず一段落ついたので別の記事にした。

SEIKO5カスタム 白黒シルバーのミリタリー風 SINN(ジン)オマージュ
280E25BD-B9DE-4F29-A46F-F3C9EC937722

(2020年8月25日)

8月21日の追記に別の時計の弓カン削りもやると書いたが、これが曲者だった。弓カンを多少削ったりラジオペンチで調整したりしたことはあったが、今回はかなり大がかりだ。ラグが短いのでかなり削らなくてはならなかった。ベルト交換くらい何度もやっているが、これはカスタムと云っても過言ではない。

最初はやすりで削るつもりだったが、とても無理だった。

IMG_5112

ルーターを使った方がいいのではないかという思いはあった。だが、たまにしか使わないし、なくてもなんとかなるかなと思ったが甘かった。SNSでもルーターを薦められ、100円ショップで600円のミニルーターを買った。

IMG_5236

それでも簡単ではなかった。コツをつかむのに時間がかかった。曲線部分をいくら削ってもうまくはまらず、横も削らなければならない。完璧ではないが、まあまあ使える見た目にはなった。

こんなことに10日もかかるとは思わなかった。計っていないが24時間以上かかったのではないか。平面的な純正弓カンに納得せず、光沢のある弓カンにこだわった甲斐はあった(本来の意味の「拘泥」と云ってよい)。

ファーストダイバーの面影があるSEIKO5
SEIKO5 SNXS79

(2020年8月31日)

こちらも別記事を作成した。

SEIKO5カスタム 白黒シルバーのミリタリー風 SNK809にエクツー針
SEIKO5 SNK809

(2020年9月4日)

ダイバーズウォッチをカスタムする人が多いのに、何故か私はパイロット風ばかりだ。失敗や紆余曲折もあったが、計画はまだまだあるから気を取り直して行こう。

3F72C97C-DBE7-4A60-AB34-EA840B901D60

(2020年9月18日)

《関連記事》

もしかしてファイブ沼? ロレックス・オルタナティヴと呼ばれて
IMG_4396

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。