RawTherapee 無料で大量のフィルムシミュレーションが使えるRAW現像ソフト

無料で大量のフィルムシミュレーションが使えるRAW現像ソフト、RawTherapeeをこちらの動画で知り、早速インストールした。

 RawTherapee – Home

 フィルムシミュレーション

 Fuji Film Simulation Profiles

説明通りにHaldCLUTフォルダをディレクトリ指定して再起動しても適用されない。なんでだろうとしばらく迷った。検索してもフィルムシミュレーションが適用されなくて困ったけど解決したという情報が見つからない。そこで上の動画を見直したら、スイッチを入れないと動かないとちゃんと説明されていた。

rawtherapee

記事「ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8 OLYMPUS PEN-FでオールドZUIKO写ん歩」に貼った、そのままでもフィルムっぽい感じのでやってみよう。

RAWデータを開くとトーンカーブが自動調整されている。それをリセットした方がよい場合もあるようだが、今回はコントラスト低めなのでこのままにする。

鮮やかと云われるAgfa Vista 200を適用。分かりやすいように強さ100%のままだが、効きすぎの場合は調節できる。

試しに適用してみたPoladoid Polacrome。

ガラッとイメージが変わるLomography Redscale 100。

モノクロはAgfa,Fuji,Ilford,Kodak,Poladoid,Rollei、カラーはAgfa,Fuji,Kodak,Lomography,Poladoidと大量にあるので、好みのフィルムを探すだけでも大変だ。

いいね、これ、素晴らしい! 私のPhotoshopは古すぎて、Nikonはそのまま使える、OLYMPUSは変換しないと使えない、FUJIFILMは変換すらできないという不便を強いられているので、無料で全部使えるRawTherapeeを使わない理由がない。

解説書 
 Rawpedia

適用時に参考にした記事
 RawTherapeeでフィルムシミュレーション使用時、トーンカーブをどうするか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。