ORIENT(オリエント)のアロー針のレトロなダイバーズ風 NEO70’s ARROW

記事「アロー針のレトロなダイバーズウォッチにトロピックタイプのベルトを合わせたい」の追記に書いたORIENT(オリエント)NEO70’s ARROWを知ったのは偶然だった。腕時計はネットやチェーン店の時計屋、電器屋で見ることが多いが、ビルの中の小さな時計屋でたまたま見かけた。NEO70’s はかっこいいクロノグラフを探していたときにひと通りチェックしたはずだが、ネットでもカタログでも全然見たことないものだったので調べてみたら、何年も前のモデルだった。

『ORIENT Neo70’s ARROW』10月13日発売

その店に残っていたのは赤い文字盤だった。赤も私が持っていないタイプで悪くないが、回転ベゼルの数字まで一部赤いところがいまいちで、やはり白黒シルバーがシンプル・イズ・ベストだ。中古で探しても全然見つからず、しばらくしてからまた気になり検索してみたらオークションに出品されてた。

私以外誰も入札しないでくれーと願ったが、終了時刻の少し前に入札してきた物好きが二人いた。定価くらいまでの値上がりは覚悟したが、思ったより上がらないうちに落札でき、ホッとした。

IMG_0705

いいねー、かっこいい! 久しぶりに着くのが楽しみで、実物を見てテンションが上がった時計だ。記事「中国の通販サイトAliExpressで時計ベルトを買ってみた PART3」のときにステンレスブレスの調整は自分でできるようになったので調整し、フィット感はばっちりだ。

IMG_0707

クォーツだが、ずっしりと重量感がある。リューズを引くと秒針が止まるハック機能付き。シンプルなデザインが好きな私でさえ、デイトと6時側の文字くらいあっても文句は云わないのにと思えるほどあっさりしている。ぽっこりドーム風防でまさにレトロダイバースタイル。

IMG_0708

“Made in JAPAN”はそれほど心惹かれるポイントではなかったが、よく見るとほぼヘアライン仕上げで落ち着いた感じで、一部鏡面仕上げで手が込んでいて美しいことに気付く。

IMG_0715

特にキングダイバーの復刻とは謳われていないが、キングダイバーのウィークリーオートに似ている。

WEEKLY-AUTO-ORIENT-KING-DIVER-T19410-9(引用元:WEEKLY AUTO ORIENT KING DIVER T19410

インデックスはキングダイバー1000ほど太くないが似たデザインになっている。

000000004553_1(引用元:【ORIENT】【オリエント】【希少!ミニパネライ】【KING DIVER 1000/キングダイバー1000】『グレーツートンダイヤル/純正SSブレス/クッションケース』自動巻 1960年代製 w-13795【アンティーク】【中古】

こんなかっこよい時計のDNAを受け継いでいて、手のかからないクォーツで、素晴らしい。手に入るとは思っていなかったので、手に入って嬉しい。

IMG_0709

キングダイバーの復刻、キングマスターも一応お気に入りリストには入っていた。アロー針の方も自動巻きで復刻されていたら買っていただろうな。てゆうか復刻すべき!

1960年代に流行ったインナーベゼルのコンプレッサーケースの復刻では、LONGINES(ロンジン)レジェンドダイバーも欲しいと思ったことがある。デイトなしも過去には発売されたらしいが、今は全然見つからず、買うまでは至らなかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロンジン LONGINES レジェンドダイバー デイト L3.674.4.50.6 新品 時計 メンズ
価格:207000円(税込、送料無料) (2019/5/29時点)


楽天で購入

LIP(リップ)ノーティックスキーも買う一歩手前まで行った。よく見ると自動巻きよりクォーツの方がデザインがオリジナルに近いが、クォーツは今はもう全然見つからない。自動巻きに12時位置の稲妻マークがないのは仕方ないにしても秒目盛りまでないというのはどういうことだろう。

本格的な自動巻きのダイバーズウォッチひとつとデザインを気に入ったヴィンテージは持っているので、あとはレトロな雰囲気を楽しむクォーツでいまのところ満足できている。

IMG_0713

《追記》

ステンレスブレスも気に入っているが、黒白シルバーのシンプルな配色なので黒にグレイのラインのNATOストラップが合うのではないかと思い、合わせてみた。これは新しく買ったのではなく、記事「ジェームズ・ボンドモデルのNATOストラップ PART2」で使ったものだ。アロー針のダイバーズ風なので似合わないわけがない。

IMG_0938

確かに似合うが、このNATOストラップの安物クオリティに満足できず、ステンレスブレスに戻した。
(2019年7月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。