Nikon(ニコン)D40 詳しいメカニズムは知らないが原色CCDセンサーの色味は一味違うらしい 十六年前のデジタル一眼レフ

オールドNIKKORが増えてきた。記事「TAMRON SP 90mm F2.5 52BB タムキュー買ったはいいけれど」のレンズも「Tokina(トキナー)AT-X 28-70mm F2.8 ほぼAngénieux(アンジェニュー)でふわふわ」のレンズもNikon(ニコン)Fマウントだ。

nikkor

これらを使えるフルサイズの一眼レフカメラでも撮ってみたい。Nikon Dfがそうであることは知っていたが、予算オーバーだ。私の手持ちには非Aiという古いタイプのものがあり、Df以外でこれを使える機種は限られてくる。

フルサイズよりはセンサーが小さいAPS-Cから選ぶことになる。調べてみると今は使われていない原色CCDセンサーというものの色味が一味違うらしい。これは興味が湧いてきた。詳しいメカニズムは知らないが。

メインで使うというよりはオールドレンズ遊びなので安い方がいい。D40とD3000に候補を絞った。D40は2006年発売、610万画素。D3000は2009年発売、1075万画素。中古相場は同じくらい。探せば一万円以内で買える。重さも同じ。じゃあ見た目の好みで決めようと思ったが、見た目もほぼ同じ。新しくて画素数が多いD3000の方に心が動いた。が、そう単純ではなかった。

調べてみるとD40は名機と呼ばれ、画素数が少ない方が手ぶれしづらく、レンズの欠点も目立たないそうだ。趣味で使うには十分。色味が鮮やかとかこってりとのことで、私はあっさり自然な方が好きなのでそこが気になる点だったが、そんなのは設定をいじったり後で加工したりすればどうとでもなるんじゃないかな、多分。

ということでD40に決定! 小さくてかわいい!

60BD0992-21D4-4B5C-8D28-F4A73E289308

入門機だけどさすがは一眼レフ。レンズを付けるとずっしりと重量感がある。

F63BD720-B2DB-4D1B-A34B-C79B438AA83E

マニュアル撮影しかできない。これはフィルムカメラの練習になるな。露出計なら記事「小さいデジタル露出計 KEKS-LIGHT METER [EM01] アクセサリーシューに取り付けできる」のを持っているので、必要があれば使える。

6F1ACB52-F214-4AE2-B084-321DB970E75D

操作性はよくない。直観的にパッパッと撮るのではなく、じっくり撮るのに向いていそうだ。まずは部屋で。失敗写真を量産した。

DSC_0001

DSC_0005

DSC_0013

DSC_0007

私の愛機OLYMPUS(オリンパス)PEN-Fよりセンサーサイズは大きく、画素数は少ない。どんな画が出てくるのか想像がつかず、ワクワクする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。