LEDウォッチの赤い光はやっぱりかっこいい! PART2

最近、チープカシオのデジタルが気になり、その70年代レトロ感から一時期凝っていたLEDウォッチを思い出した。

LEDウォッチ CONART

記事「LEDウォッチの赤い光はやっぱりかっこいい!」に書いた、中古で買ったCONART(コナート)の時計はサイズぴったりキツキツで、特殊な形のブレスなので交換することもできずにいた。なんとなくCONARTを検索してみたらベルトが合いそうな時計が奇蹟的に見つかった。しかも、今時こんなものを欲しがる人はあまりいないのか、高くない。違う形のものと二本まとめて落札してみた。

IMG_2034

現物が届き、確認したところ、コマのサイズは同じで、移植できそうだ。部品をなくしたりピンをつぶしたりすると終わりなので慎重に作業し、なんとか無事に12時側と6時側の一コマづつ付け替えた。二年近く前に買った時計がやっと使えるようになった。

IMG_2032

いいね! SFタッチなメタリックは好きだねー、レトロ・フューチャー、スペース・エイジだね。普段使いにはあまり向かないが楽しい。

IMG_2054

記事「ジェームズ・ボンドモデルのNATOストラップ」「ORANGE CHRONO(オレンジクロノ)ダイバーズ」が007のショーン・コネリー風、記事「ジェームズ・ボンドモデルのNATOストラップ PART2」「アロー針のレトロなダイバーズウォッチにトロピックタイプのベルトを合わせたい」ダニエル・クレイグ風なら、これはロジャー・ムーア風ということで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。