「 美術 」一覧

ギュスターヴ・モロー美術館へ行ったときの話 デジャ・ヴュの反対は

ギュスターヴ・モロー美術館へ行ったときの話 デジャ・ヴュの反対は

ギュスターヴ・モロー美術館で「妖精とグリフィン」を見て、なんと美しい肌色であることよ、と思った。 これは見たことのない絵だと思った。だが、入り口の売店で図録を見ていて...

記事を読む

ラップ通りの集合住宅の中

ラップ通りの集合住宅の中

二年以上前に『図説 アール・ヌーヴォー建築』(橋本文隆 河出書房新社)の表紙でこの建物を知った。強烈なインパクトだったが、全く別世界の存在で、実物を見たいとすら思ってはいな...

記事を読む

いまさらながらデジカメを買った

いまさらながらデジカメを買った

いまさらながらデジカメを買った。ビデオカメラで静止画を撮れるが、持ち運ぶのに小さい方がいいと思った。ドイツのアグファのもので、これより下のクラスのもののシャッターボタンが赤...

記事を読む

犬猫姉妹

犬猫姉妹

おそらく双子だろうか。よく似ているが、猫を抱いている方は活発そうで、本を持っている方は知的な感じがする。本には犬の絵が載っている。猫は魔性、犬は忠誠だろうか。 この...

記事を読む

ルドンの奇妙な

ルドンの奇妙な

ルドンの絵がCGで動く映像があるのをふと思い出し、私はDVDを持っているが動画を探してみた。それはなかったのだが、面白いものを見つけた。ガイ・マディンの作品だった。その手があったか...

記事を読む

ポケモンか? 19世紀イギリスのグロテスクな新生物

ポケモンか? 19世紀イギリスのグロテスクな新生物

アラマタ図像館(荒俣宏 小学館文庫)は十年前の本で、あまり本屋に置いていないが品切なわけではない。全部揃えてもいいような気がするが、まずは「怪物」を買った。珍妙な絵がたくさ...

記事を読む

はぐるまコラージュ メクセペル

はぐるまコラージュ メクセペル

古本屋でたまたま見かけて手に取ったのはマーブル柄だったからだが、中を見ると歯車、歯車、アンモナイト、セピア色の紙等々、とても気に入った。ドイツ人メクセペル(Mecksepe...

記事を読む

ダーガーはバンビを殺したか?

ダーガーはバンビを殺したか?

Untitled ヘンリー・ダーガーについてのドキュメンタリー映画『非現実の王国で』では触れられていないが、ダーガーは実際に少女殺した可能性があるらしい。ダーガー特集の美術手帖0...

記事を読む

美術手帖を切る

美術手帖を切る

本が増えてくる。 京極夏彦が本をどのように分類しているのかをインタビューで聞かれ、判型でと答えていた。私の本の量など、本当に多い人に比べればたいしたことはないが、大き...

記事を読む

 ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』  神々も英雄もままならぬ

 ペーパー・オペラ『ニーベルンゲンの指環』 神々も英雄もままならぬ

『ニーベルンゲンの指環』(リヒャルト・ワーグナー作 アーサー・ラッカム絵 新書館)四巻セットには挿絵が多い。ラッカムの絵は曲線が綺麗だ。「ラインの黄金」のみ寺山修司訳で、こ...

記事を読む