売れた割に影が薄いOLYMPUS(オリンパス)μ[mju:] (ミュー)ZOOM

OLYMPUS(オリンパス)μ[mju:] (ミュー)を久しぶりに見かけたのは「アサヒカメラ特別編集 肖像権時代の最新スナップ撮影術」(朝日新聞社)でだった。草野庸子のμ[mju:]Ⅱ110が写っていて、私が使っていた機種と同じではないが似たフォルムに懐かしさを感じた。

もうフィルムで撮ることもないだろうと思って売ったコンパクトカメラが心のどこかに引っかかっていて、買い戻したことについて記事「OLYMPUS(オリンパス)μ[mju:] (ミュー)ZOOM 買い戻し 115から140にパワーアップ」に書いた。これはどういったカメラだったのだろう。「オリンパスのすべて」(エイムック 枻出版社)なら何か書いてあるのではないか、何しろすべてというくらいだから。

だが、載っていなかった。写りがよいと評判の単焦点のμ[mju:]がさらっと載っている程度。「オリンパスPEN&OMのすべて」(GAKKEN CAMERA MOOK CAPA編集部 編)も似たようなもの。

でも美しいよね。他に似たようなカメラがない。私は好きだ。

IMG-0212-edited

μ[mju:]の由来というのが調べても分からなかったんだけど、μはギリシア文字のM。Mといえば当初は「Mシステム」だったOMシステムが当然思い浮かぶ。根拠はないけど多分そこから来ているのはないだろうか。全然意識してないということはないと思うんだけど。

3D5441F4-B658-4396-960D-014740829BCB

2500万台超えのロングヒットとのこと。

 μ(ミュー)シリーズ:シリーズ別 – オリンパス

で、下にクスロールしていくとこのようなものが! イニシャルM、PENやOMの設計者、米谷美久(まいたに よしひさ)の講演会。興味深い。

 カメラ設計者 米谷美久 講演会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。