中国の通販サイトAliExpressで時計ベルトを買ってみた

記事「兵隊でもないのになんでミリタリーウォッチなんか欲しがるの? PART3」に載せたWITTNAUER(ウィットナー)の腕時計の布製ベルトが年代物で色もデザインも素晴らしく、普段使いして汗で汚れたりするのがもったいない。多分、ベルトだけで五千円から一万円くらいしそうだ。

もっと気兼ねなく使えるベルトが欲しかった。ナイロンのNATOベルトを色々探したが、16mm幅のものはあまりない。そんな時、中国の通販サイトAliExpressに行き当たった。アリババというのはどこかで聞いたことがあった。そのグループらしい。業者が仕入れに使うもので送料も結構かかるのだろうと思っていた。ところが、日本語で買い方を説明しているサイトを見ると、一点から購入でき、ほとんど送料無料とのことだった。これは買うしかないなと思い、注文してみた。

一週間で届いた。カラフルなのも色々あるが、ミリタリーっぽくオーソドックスにグリーン、ネイビー、グレイを買った。一本約300円くらいなので、日本の通販サイトより安い。品質は期待していなかったが、全然問題ない。金具はややマットで悪くない。

こちらは記事「兵隊でもないのになんでミリタリーウォッチなんか欲しがるの? PART4」に書いたHamilton GG-W-113。ベルト幅18mmだが、バネ棒がほんの少し見えるくらいで、不自然というほどではない。

いいね、これ。付け替えが簡単で。汚れたら洗えばいいし、壊れたらまた買えばいい。夏はこれで行こう。別の色、柄も買い足したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。