ファーストダイバーの面影があるSEIKO5

IMG_2484

記事「『男はつらいよ』 寅さんはSEIKO(セイコー)ファーストダイバー着用」の最後に紹介したSEIKO5 SNXS79はこの動画を見て、かっこいいなと思っていた。

海外のレビューで、ダイバーズウォッチの文字盤で回転ベゼルがないTUDOR(チューダー)ブラックベイ36の雰囲気も持っていて、SEIKOファーストダイバーに似ているというものがあった。まさにその通り、同じように感じていた。OMEGA(オメガ)シーマスターに対するレイルマスターのように。ROLEX(ロレックス)デイトジャストの代替品と呼ばれることが多いが、私はファーストダイバーへのオマージュだと思いたい。

“MADE IN JAPAN”はもうどこにもないと思っていたが、あるところにはあった。すでに記事「SEIKO メカニカル SARB033 プアマンズグランドセイコーと揶揄されながらも国内外で高評価」「SEIKO メカニカル SARB027 ドーフィン針のシルバー腕時計」のメカニカル二本持っているのだから、今さらSEIKO5を買わなくてもいいかと思ったが、やはり気になる時計だった。

IMG_2508

いいね、サンレイが美しい文字盤だ。SARB033と系統は似ているが、やはり違う。小ぶりなSARB033より1mm小さいケース幅37mm。柔と剛という感じだ。

IMG_2517

ムーヴメント7S26は記事「オレンジボーイ SEIKO(セイコー)ダイバーズウォッチ」の時計と同じで、低価格モデル用とはいえ何の問題もない精度であることは分かっていた。

IMG_2513

ラグ幅19mmのベルトやブレスはいくつか持っている。ジュビリーにしたら似合うのではないだろうかと思っていたが、ラグが短くて弓カンが合わなかった。

IMG_2499

黒革ベルトは悪くはないが、あまり面白みを感じなかった。カジュアル寄りのデザインだからだろうか。

IMG_2489

ダイバーズウォッチではないがダイバーズウォッチに似ているのでトロピックタイプも付けてみた。こんな組み合わせをするのは私くらいだろう。ちょっと面白いが、ベルトが長めで硬くて着け心地はよくない。

IMG_2505

結局、純正ブレスに戻った。薄くて軽くて、疑似三連ではなく1コマづつ動き、フィット感がある。ブレスの横幅が計算されていて、ケースから流れるようなデザインだ。

IMG_2515

バックルのデザインは素朴でかわいい。評判通り確かに安っぽいが、手抜きではない。

IMG_2510

この動画の「誇り高き勇者の称号」というフレーズが可笑しくて気に入っているが・・・・・・

私のセイコー5にも「誇り高き勇者の称号」が! 値下げ交渉で思うように下がらなかったから買わなかった人々のおかげで私のところに回ってきた。私は値下げ交渉しなくても安く感じた。文字の横がかすれていて、普通に店舗で売られているものなら交換してほしいところだが、もう出回っていないモデルなので仕方ないだろう。普段気になるほどではない。

IMG_2518

海外モデルならまだ出回っているが、いつまであるかは分からない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。