ネイビーのグラデーション、サンレイが美しいTISSOT SEASTAR 1000 小さくないダイバーズウォッチも欲しくなった

小さいダイバーズウォッチに凝っていたが、最近、ダイエットやトレーニングの成果が出てきて、小さくないダイバーズウォッチも似合うようになってきたような気がした。

実際に潜るわけじゃないからデザインが悪くないOXYGEN(オキシゲン)、FONDERIA(フォンデリア)あたりのダイバーズ風でもいいかとも思ったが、やはり機械式の秒針の動きがいい。ちゃんとしたダイバーズで値段も手頃なのはSEIKO(セイコー)にもある。だが、どれも決め手に欠けた。

文字盤のネイビーのグラデーション、光で放射状に模様が出るサンレイが美しいTISSOT(ティソ)のSEASTAR 1000に魅せられ、自分へのご褒美に買ってしまった。

tissot seastar 1000

車やバイクと同様に腕時計も旅の仲間という感じがする。TISSOTのサイトにも「バディ」という言葉が使われていて、やはりそういうものだよなと思った。

80年の歴史が織り成す至極のダイバーズウォッチ TISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATIC

TISSOT最新モデル、SEASTARで憧れの三浦マーシーになれる?

こんなに美しい色の時計、他にない。似た感じのはORIS(オリス)にもあるが、値段が倍以上する。ORISのドーム風防も好きなのだが、またいつかだな。TISSOTは「金の価値を銀の価格で」というメーカーだそうだ。高級機ではないが安物でもないスイス時計だ。私にとっては二本まとめてならこのくらい遣ったことがあるが、腕時計一本としては最高額だった。以前は三万円でも思い切りが必要だったものよ。

Tissotの新作ダイバーズウォッチ「Tissot Seastar 1000 Automatic」は高性能なのにとってもエレガント!

私は元々シンプルなドレスウォッチが好きで、にわかにダイバーズウォッチに凝り始めたので、SEASTAR 1000はエレガントなデザインで好みだ。私はドットインデックスがもう少し大きい方がかわいいと思ったが、この小ささがデザインのツボで、オンオフ使える都会派ダイバーズウォッチになっていると、下の記事に書いてある。

【モダンなダイバーズウォッチ/TISSOT SEASTER 1000】…CWC甲斐のブログ

以前は気分によって毎日時計を替えていたが、これを買ってからはずっとこればかりだ。曇りのときは全体がぼわーっとグラデーションに見え、光が当たるとサンレイが現れる。海を思わせるネイビーの文字盤は見ていて飽きない。せっかく素晴らしい旅の仲間が手に入ったのに、今年の夏は天気が悪くて冒険旅行には全然行けていないのが残念だ。

どこで買っても値段は同じだが、こちらの店舗はタイミングによっては10%OFFクーポンがある。

《関連記事》
小さいダイバーズウォッチが欲しい
小さいダイバーズウォッチが欲しい PART2
小さいダイバーズウォッチが欲しい PART3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。